筋トレしている最中、奴は定期的にやってくる…

2年前、家で筋トレをしていたとき、ダンベルを持ち上げようとしてぎっくり腰をやってしまいました。

完全にストレッチ不足と疲労の蓄積が原因です。生まれて初めて感じた、ちょっと動くたびに全身に電流が走るような痛みで、身動きを取ることすらままなりませんでした。

せめてジムとかじゃなく家でよかったな…という思いと、家でひとりでもがき苦しんでいる惨めさ…どっちもどっちですよね…。

その痛み自体は1週間くらいで治まったのですが、その後から、定期的な腰痛がやってくるようになりました。

月に一回くらい、軽いぎっくり腰のような痛みがやってくるのです。

何が辛いって、ただ座っているだけみたいな状況が1番つらくて、腰を殴られた瞬間の痛みが座っている限り続くのです。

それも、1日や2日で治まっては、また翌月ひょっこりと顔を出して、僕を弄んでは去っていくのです。

腰はいろいろな神経が通っている部分だし下手なことをしたら今後一生苦労する可能性がある、と思うと、触らぬ神に祟りなしで、とりあえず安静にするしか出来ません。

僕は考えました。(日常の中で何か痛みになる原因があるんじゃないか?)

どんな日常がその物理的なストレスになっているのか…デスクワーク、姿勢、過度な筋トレ…いやどれも絶対原因になってるやないか!

でもどれを取り除くことも出来ません…。

姿勢を良くすることを意識する、とか骨盤矯正コルセットをつける、とかそういうことから始めていけばいいのでしょうか。

ただ、おそらく1番の原因は他にあります。日常のなかで一番多くの時間を過ごす場所…。布団です。

座っているときもそうですが、寝て起きたとき、もしくは寝る姿勢になってしばらくしたとき、奴は大きな足音で近づいてきます。

僕は寝るとき、基本仰向けで寝ます。そうすると、お尻と背中に挟まれた腰の部分は浮き上がり、布団と腰の間に空洞ができて橋のようになっています。

ネットで調べたら、やはりそれは腰に負担をかけるからよくない、と書いてありました。

では横を向いて寝ればいいのか、でも横を向いたら向いたで腕がしびれるし…うつ伏せなんてとても寝られないし…結局、ふっくらしてて背中とお尻を支えながら腰も支えてくれるような布団に変えるしなかさそうです。

やはり腰痛退治に必要なものは、自分の生活習慣の改善、忍耐力、そしてお金なんだな…と。

あと、ぎっくり腰はしっかり治さないと癖になるらしいので、注意が必要らしいですね。普段から腰痛を患っている人は特に気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>