職業病としての腰痛があるけど、仕事は好き。

私の仕事は一日中椅子に座ってします。

パソコンに向かってキーボードを打つだけですのですので、体勢も変わることもほとんどありません。

つまりほとんど同じ体勢で一日をすごすことになります。なので、自分が作業をしやすい姿勢。

楽な姿勢で仕事をします。

職業はシステムエンジニアで、この仕事を始めて10年近くになりました。

大学を卒業してからこの仕事をしていますので、人生の大半を椅子に座って、同じ姿勢で過ごしていることになります。

そう考えると少し虚しい気分にもなるのですが、そのことが辛いと思うこともありませんでした。

むしろ、私は体を動かさなくてもいい、人とのコミュニケーションも最小限でもいい、パソコンと向き合っているだけでいいその仕事をとても気に入っていました。むしろそうじゃなければ10年もの間続けることは私にはできなかったと思います。

しかし、ある日私は自分の体に異変を感じました。

腰の当たりに違和感があるのです。

最初のうちは違和感があるといったくらいで、そんなに気になることもなく仕事に支障が出ることもありませんでした。

しかし、最初の異変から一週間くらいたったあたりから違和感が痛みに変わっていることに気づきました。そしてしばらくすると、仕事の集中力が乱れるくらいの痛みに変わってきました。

さすがに私はなんとかしないとまずいと考えるようになりました。

私は薬局に行き、腰痛に効くというバンテリンというものを購入し、それを使用しました。

これはとても自分にはよく効きました。痛みは引き、仕事に集中することができました。

しかし、腰には相変わらず違和感が残っていました。

痛みが引くとバンテリンを使用することを控えると再び痛みに襲われました。これは根本的になんとかしないといけないと思いました。

知り合いと話をしたときに接骨院に行ってみればと言われたので休みの日に接骨院に行きました。

症状を先生に話し、施術を受けることにしました。施術を受けとても気持ちよかったです。

体が治されていくような気分になりました。先生が言うには私の体は大分と歪んでいるということでした。

それから定期的に接骨院に通い、私の腰痛は無事完治することになりました。

自分の楽な体勢というのは、たしかに作業がしやすかったりするのですが、体に負担がかかる体勢であったりもします。

私はそれから自分の姿勢に気をつけるようになり、それから腰痛に悩まされることもなくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>