長時間のPC作業で腰痛になりました。

昔からとにかく体を動かすことが好きだった私は、一度だけ仕事中にぎっくり腰を経験した以外には腰痛とは無縁な人生を送ってきました。

しかし年齢を重ね、30歳半ばで体調を崩し、それまで働いていた保育士の仕事を退職することに。。。

しばらくの間静養し、体が回復してきたころに次は何の仕事に就こうかと考えて、体力を使う仕事に就くのは自信がなかったため、PC操作をメインとする仕事を選んで就職活動することにしました。

その後、希望した一社に採用が決まり、PC作業がメインの仕事に付けたものの、これが想像以上に大変な仕事だったのです。

正直「事務仕事はいつも座っていて、お茶を飲んだりしながら作業していて楽そうでいいな。」などと考えていた私ですが、実際自分が経験してみると、作業の細かさに神経を使い、座りっぱなしでお尻や太ももの裏が痛くなったりと案外大変な仕事である事が分かりました。

何よりも大変だったのは、ほぼ一日中座りっぱなしということ。

時折トイレ休憩に立つのと昼食時以外はずっとPC台の前に座り続ける毎日でした。

そんなある日、腰に違和感を感じ「あれ?珍しい。腰痛かな。」と思ったのが始まりでした。

風呂に入れば治るだろうと軽く考えていたのですが、腰痛は日に日に痛みを増して、とうとう夜寝ていても痛みで目が覚めてしまうくらいひどくなってしまいました。

整骨院へ行き電気をかけてもらったり、マサージを受けたりしましたが直る兆しはなく、これではまた体調を崩しかねないと本気で転職を考えるくらい辛い腰痛に約2年程悩みました。

しかし、転職して3年経ったとき、仕事に慣れてきた私にPC作業以外の仕事も任されるようになりました。1日の半分は立ち仕事もするようになると、驚く位腰痛が改善されてきたのです!

原因は色々あったのだと思いますが1番は血流が良くなった事、そして目を酷使して毎日PCとにらめっこしていたストレスから解放されたことが腰痛改善につながったのでしょう。

腰痛が辛くて本気で仕事を辞めようか迷っていた時もありました。

でも仕事の内容は好きで本当は続けたいという一心で痛みに耐えて辞めないで良かったと心から思いました。

自分が経験するまで腰痛の本当の辛さというのを知りませんでしたが(腰痛に限らずどんな病気でも)毎日痛みを背負って過ごすというのはとても辛いことですし、時には人生を変えるほど大変な事です。

私は幸運にも仕事内容が変わったことで腰痛が軽減しましたが、多くの人が様々な原因で腰痛になり大変な思いをしていると思うと「腰痛で大変だね。」なんて軽々しく言葉にできないなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>