マットレスを選ぶ時に気をつけてほしいこと!

私は最近ドン・キホーテで安いマットレスを購入致しました。

布団を使っていて体が痛むので念願のマットレスに心を躍らせていたのですがその日から毎日マットレスを使っていて気づいたことを書いていきます。

布団よりはやはりマットレスの方が寝心地が良く購入して以来体が痛くなって目覚めることはなくなりました。

高反発のものを購入したのですがしっかりと体を支えてくれて体のカーブに沿って沈む感覚もあり高反発のマットレスを買ったことに間違いはありません。

ですが問題は収納方法です。

収納するときに折りたためないのがマットレス。

今では3つ折りのものなど出ていますが私が買ったものは普通の折りたためないマットレスで、どんなにグルグルと巻き込もうが無理やり折りたたもうとしても高反発なので戻り戻ってしまいます。

これがお掃除をする際に凄く大変だと感じるデメリットです。

私も折り畳めるものを買えばよかったのですがドン・キホーテにそのようなものは売っていなかったので半ばノリで買ってしまったことを公開せざる得ません。

仕方なく掃除をする時は重いマットレスをなんとか壁に立てかけて床掃除をするようにしています。

そこでこのようなマットレスは皆さんどのように収納しているのか調べることにしました。

すると太めのゴムバンドなどを購入してぐるぐるっと巻いてからそれで縛ったりしているそうです。

それかマットレスが入っていた袋に収納をするらしい。

これは圧縮されてぎゅーぎゅーに入っていたので出来そうもなく破棄しました。

マットレス用のゴムバンドってでも売っていませんよね。

見たこともないのでやっぱり3つ折りのマットレスが主流だったのでしょうか(泣)

でも後悔したってもう遅いのでこのマットレスとしばらくは格闘しながら過ごしていきたいと思います。

だって寝心地は最高なんです。

申し分ないほど気持ちよく毎日安眠できているので布団派の方はマットレスに買い換えてみると睡眠の質が上がりますよ♪

私のようなミスをしたくない方は何度も言っていますが3つ折りのマットレスをご購入してみてください。

これなら収納にも困らないので押し入れへしまえるサイズになってくれますしお掃除も楽にできますよ。

あとはボックスタイプのシーツに変えられるのでシーツを取り替える時も布団よりはめんどくさくなりません。

汚れてもパッと外してまた新しいシーツを被せるだけです。

布団のように四つ角を合わせる手間がなくなりますよー♪

マットレスの寝心地

私は、現在、ベッドで毎日寝ています。スプリングマットレスを使っています。

その中でも、ボンネルコイルマットレスという種類のものを使用しています。

ボンネルコイルマットレスは、らせん状に巻いたコイルスプリングを連結させたマットレスです。硬めで、強い弾力性があるのが特徴です。寝ている体を面でしっかりと支えてくれますので、安定感があります。

コイルの中が空洞になっているため、通気性が確保されています。

私が使用しているマットレスですが、最近、バネが弱ってきているのか、反発力が低下しているように感じます。ボンネルコイルマットレスの強みである、強い弾力性が失われてきています。

体がマットレスの中に沈み込むように感じています。

そのせいか、最近、背中と腰が痛いです。

事実、体がマットレスに沈んでしまうと、背骨や腰が曲がって不自然な寝姿勢になり、背骨や腰に負担がかかると言われています。

人間は、人生の3分の1を寝て過ごす、と言われています。ですから、寝心地というのは私たちとって非常に重要な問題です。

もちろん、私にとっても大切な問題であり、良い寝心地を得るために、そろそろマットレスを買い替えようかと考えている所です。

一言でマットレスと言ってもそれには色々な種類があります。今まで、ボンネルコイルマットレスを使ってきましたが、今度は違う種類のものを購入するかもしれません。

特に、ウレタンのマットレスに興味があります。その中でも高反発のものを買いたいと思います。低反発のものは私には合わないと思います。

ウレタンのマットレスを選ぶ上で重要なのはその耐久性です。では、どのように耐久性を判断することができるのでしょうか?

その密度に注目することができます。30D以上あれば、十分な耐久性があると言えます。商品に密度の表記がない場合は、重量と大きさから算出することができます。

もう一つ興味があるのは、樹脂製の高反発のマットレスです。樹脂を水の中に流し込んで網目状に編んだ素材です。

適度な硬さがあり、面全体の弾力で、体圧を分散して、体に負担のない寝姿勢を保つことができます。

また、通気性が良いのも特徴です。さらに、水で洗うことが可能で、清潔さを保つのが比較的容易です。デメリットとしては、内部の空気の層が多いので、耐久性があまりない、ということがあげられます。

今、どの種類のマットレスにするか悩んでいるところですが、必ず自分にとって最適なものを購入したいと思います。

それは私の人生の3分の1に影響を与えますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>