僕は今でも腰痛に悩んでいます。

僕が腰痛に悩まされる様になったのは、中学校2年生頃でした。

年齢的に健康体でもおかしくない年齢ですが、恐らくその頃にやっていた野球が少しばかり原因ではないかと思います。

ポジションはピッチャーでしたが、僕は小柄で身長にも恵まれていませんでした。

体幹を鍛えることで小さな体を補おうと、過度なトレーニングを繰り返しました。

ある日家に帰り、椅子に座っていた時です。

立ち上がろうと腰を起こした瞬間に、まるで体全体に電気が走った様な感覚が僕の全身を襲い、立ち上がることが出来ずそれと同時に腰に激痛が走りました。

30分程度その場所から動くことが出来ず、時間と共に腰の痛みはなくなったのですが、事の旨を母親に伝えてみたところ、ぎっくり腰ではないのかと言われました。

大して気にもとめなかったので、病院にも行ってないです。

しかしそれからというもの、過度な運動をした次の日になると、筋肉痛とは少し違った痛みが腰を襲うようになりました。

ひどくて動くことが苦痛だった日もあります。

今現在、僕は22歳ですが、年々動く量に関係なく少し体を動かすと腰痛が2~3日続くようになっています。

ひどくて動けないほどではないのですが、同じ体勢で何かをし続けるということが今は困難です。

もちろん現場仕事のように激しく動く仕事だと、痛くて動けないようになることもあります。

今でもこんな状態なので、病院にも行きたいとは思っているのですが時間がなくまだ行けていません。

これから先これがひどくなっていくことを思うと、正直怖いです。

上を向いて寝るときは腰が痛むことがあるので、布団と腰の間にクッション等を挟んだり、日常の生活において同じ体勢で長時間居続けることを避けたり、もちろん過度な運動そのものを避けたり等、心がけていることは山ほどありますが未だ変化はありません。

発症の原因があのぎっくり腰なのか、それともまったく別のものにあるのかは定かではありませんが今現在僕が腰痛で悩んでいることは事実です。

お医者さんではなく、周りの方々にも相談はしていますが、腰痛は一種の持病みたいなものだからましにする方法はあっても、治すことは困難だと思うと言われてしまいます。

これから一生この痛みと共に暮らしていくことを考えるとぞっとします。

我慢ができる痛みでおさまっているのも、恐らく今だからであり、これから年齢を重ねていけば腰の痛みは増すはずです。

腰を庇おうとして、違うところも痛めてしまうかもしれませんし、そうなるともうどうしようもないと思います。

まずは病院に行ってみて、少しずつでも症状を和らげていきたいです。